医療法人すこやか会 おおたにクリニック

おおたにクリニック
【御坊市の小児科,内科,神経内科,心療内科,リハビリテーション科

〒644-0023 和歌山県御坊市名田町野島1-7
TEL 0738-29-2951

診療の合間に 1

「母子保健奨励賞への感謝を込めて-私と母子保健-」
「股関節脱臼と赤ちゃんの向き癖について」

診療の合間に 2

「てんかんと自動車運転、運転免許」
「南方熊楠はてんかんであったか-扇谷明氏の論文から-」
「奥田英朗氏の著書にみるこころの病気」

診療の合間に 3

「てんかん診療と病診連携」
「開業医と発達相談」
「天地有情ー南木佳士のこと」

診療の合間に 4

「日本てんかん協会機関誌「波」の記事より」
「メディカルクオール2014年11月号、12月号より」

診療の合間に 5

「這えば立て(日高野67号)]
「小児期・青年期患者の地域ケアを考えるセミナー」案内文
 

 

※上記QRコードを読み取っていただきますと、一般の携帯からは携帯サイトが、スマートフォンからは、スマートフォンサイトが閲覧可能です。

診療の合間に 4

てんかんのお医者さん

日本てんかん協会機関誌「波」2014年6月に掲載された「てんかんのお医者さん」の記事です。
記事の内容について幾人かの方からご質問がありました。
これは2030年代の医療事情とてんかんの診断と治療についての予測を少し誇張して書いたもので、現在のことではありません。
2014年時点で存在するてんかんの診断にまつわる隘路が払拭されること、そしてより有効かつ副作用の少ない治療薬が開発されることを夢見たものです。


画像をクリックすると拡大します

てんかんのお医者さん

 

障害医療の改善に向けて(メディカルクオールの記事)

てんかん専門医の過疎地開業生活
第89回(上)-地域に根差す母子保健医療体制構築 その過程で会得した専門性の新境地
第90回(下)-てんかんを取り巻く社会の偏見と無理解 願いは多様な障害との共生が自明な社会

Medical QOL(メディカルクオール)2014年11月号と12月号に掲載されたものです。
ライターの遠藤隆さんが、はるばるご来坊の上取材をしてくださいました。転載についても許可をいただきました。ご一読ください。


画像をクリックすると拡大します

第89回 てんかん専門医の過疎地開業医生活(上)メディカルクオールの記事 第90回 てんかん専門医の過疎地開業医生活(下)メディカルクオールの記事